スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新田次郎氏の劔岳

見てきました。
劔岳 点の記

予想外に満席でした。

予想通りの内容で、
思った通りでした。

だって、ひたすら淡々と山を登る映画ですから、
そりゃ、隣の席の人も疲れてたら
「すーすー」寝息立ててたし、眠っちゃうでしょう(笑)

私は、なんとか我慢して頑張りました。
寝ちゃ駄目だ!って、頂上まで登るんだ!ってね。

そして最後には、130数名が一緒に劔岳の頂上に居ました。
いや、だからあの、映画館の客席のみんなが、です。
凄い一体感でした。

そして、何よりも、最後、130数名が同じ気持ちで、
感動で客席から立ち上がれなくなっていました。

エンドロールで、大きく、

新田 次郎

と出てきまして、
私はそれに、感激して身震いしました。

そう、です、原作は新田次郎さんでありますが、
もちろん、演じていた役者さんたちの、
CGなしの登頂に脱帽し、
そういう指示をした大村監督に脱帽。
これが、本当の映画作りだなって思い、
もう、こみ上げるものを押さえられませんでした。

でも、やっぱり原作者の新田次郎さんが、
この物語を書いたからこそ、
今日の映画が存在する事に感謝しきりです。
昔から好きだった作家さんですが、
この日にますます好きになったことを、
座席で噛み締めていました。

そう思った直後に、

この作品を新田次郎さんに捧ぐ

映画「劔岳 点の記」の仲間たち


とロールで流れるのを見て、もう、
今日、ここに来て良かった、
役者さん達も、私と同じ感謝の気持ちを持っていて良かったと思い、
泣きそうで少しも動けなくなりました。

そして、すぐに館内の明かりが「バサ」ってついちゃったから、
館内の全員も、「あ!」ってビビってた感じでした。
きっと、観客の皆も同じ思いで、
物音一つせずに、画面にくっ付いちゃってた感じでした。
明るくなってるのに、
誰も、すぐに立ち上がろうとせず、
喋ろうともしませんでした。

そして、私が最近考えていた事と、
偶然にも同じ事をこの物語は伝えていたので、
また、感動を呼びました。

「大事なのは何をしたかではなく、どう判断したか」

この映画で、厳密にはワードは違いますが、
そういう事を言っていました。

そして、「歴史を作るのは勝負ではない。」
「大事な仲間達と共にある。」
ということ。

そして、浅野忠信さんの役作りには、本当に、
目を見張る物がありました。
あれは、彼が編み出した演技なのです。
私は見抜きました。

これが、映画作りだなって思えた作品でした。

そして、この映画を見て、
夏山に登りたくてどうしようもなくなってしましました。
道具は全部あるし……。
でも、焦るのは禁物ですね。
何事も一歩一歩ゆっくりです。
人間のエゴは、山は受け入れませんから。

おやすみなさい。

※自分の記憶をたどって大枠で書いていますので、
ロールのワードは実際と少し違うかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

雪を愛してます
I LOVE SNOWキャンペーン
プロフィール

motoko

Author:motoko
【生年月日】1974年5月14日
【出身地】神奈川県横浜市
【血液型】B型
【職業】スイミングインストラクター、フリーライター(主に人物取材記事)
【趣味】フリーダイビング(09年日本代表選手)、スキー(暦30年/内アルペン歴10年)、水泳(中2 バタフライ200m横浜市10位)、体作りに最適な料理、読書、音楽
【座右の銘】『勝っておごらず、負けてくさらず』、『継続は力なり』
【長所】人を励せる事、男勝り
【短所】曲がった事が嫌い、男勝り
【夢】発展途上国や日本過疎地の活性化に協力する事
【ひとこと】綺麗な空気と美味しいご飯が大好き!

すのうどーむ
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
NIKONNEXT
カレンダー
<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
motto motto ski 携帯サイト
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆☆
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。